キャットフードの代わりにドッグフードを与えても良いか

キャットフードの代わりにドックフードを与えることは良いことではありません。
なぜなら猫と犬とでは必須栄養素の種類が違います。
また共通して必要な栄養素でも摂らなければならない量が異なる場合があります。

違いが起こる理由は犬は雑食であり、猫は肉食だからです。
エネルギーを作り出す過程がかなり異なっていますし、犬に比べ消化器官が単純にできている猫は唾液に消化酵素がないなどいろいろな消化機能が不足しています。
猫にドックフードを与えることで栄養不足による健康被害が起こる可能性が高いのです。

それでは具体的に犬と猫とでは異なる必須栄養素についてご紹介します。

タンパク質について

肉食の猫は犬に比べてたくさんのタンパク質が必要です。
雑食の犬は摂取したタンパク質の量によって、エネルギーに変換するタンパク質量を調節することが可能です。
一方肉食の猫は摂取量に左右されず、必ず一定のタンパク質をエネルギーに変えています。
もしタンパク質が十分に取れない事態が発生したときは、自分の体を構成しているタンパク質を代わりに使ってしまいます。

アミノ酸「タウリン」

魚介類や動物の内臓に含まれているタウリン。
犬は別のアミノ酸からタウリンが合成できますが、猫の体にその機能は備わっておらず、猫にとってタウリンは必須アミノ酸になっています。
タウリンが不足すると目の障害や心臓の疾患を引き起こすことがあります。

アミノ酸「アルギニン」の量

猫は犬よりもたくさんのアルギニンが必要です。
アルギニンの役割はタンパク質をエネルギーにかえる最後の過程で、排出される有害なアンモニアを無害にすることです。
①で見たように犬に比べてタンパク質の消費量が多い猫は、体内でたくさんのアンモニアが作られることになります。
アルギニン不足になるとアンモニアが体内に充満し、命の危険にさらされます。

脂肪酸「アラキドン酸」

アラキドン酸は猫の必須脂肪酸です。
犬はリノール酸をアラキドン酸に変える酵素を持っていますが、猫はこの酵素の働きが弱く、食事からアラキドン酸を摂取する必要があります。

ビタミンA

犬にも猫にも必要なビタミンA.。
しかし犬はベータカロテンをビタミンAに変えることができる酵素を持っています。
一方猫は酵素を十分に持っていないので食事から摂取することがとても大切になってきます。
不足すると眼疾患、皮膚疾患、繁殖障害が起こります。

このように見てみると猫にとってドックフードは必要な栄養素を満たしていない、不完全な食べ物ということがわかります。
ほんの少しドックフードを食べてしまったというレベルなら大丈夫ですが継続してドックフードを食べているというなら大変です。
人間が直接与えなくても犬と猫を同時に飼っている場合、猫がドックフードを誤って食べてしまう危険性も。
与え方に工夫して、猫の栄養不足を防ぎましょう。